読みと書きを学ぶスピードの違いを縮めたい|2歳児の息子の運筆について

先週、公文の先生からご指導いただく機会がありました。

 

3歳の息子は、読みは得意だけれども、それに比べて書きの進捗が遅れ気味の様子。

 

今現在、「読み」の教材をすすめています

今現在は、国語の教材が「読み」の教材であるため、読むことがメインです。

 

ひらがなで文章が書かれていて、次のような流れで学習を進めます。

 

  1. 文字の右側に線をひきながら読む
  2. 全て読み終えたら、左下にある□の中に〇を書く

 

1枚目には「名前」と「学習時刻」を記載しますが、そこは大人が記入します。

 

学習自体にも付き添っていて、一緒にすすめています。

 

プリントに書かれている線は・・・

今の公文の進捗そのものは、スムーズにすすんでいるのですが、先生によりますと、「文字の横にひく線の筆圧が気になる…」とのご指摘をいただきました。

 

息子は、鉛筆を優しく持って、サラサラと線を書いています。

 

文字の右側にしっかりと線が書かれていることもありますが、文字の上に線がサラッとのっかっていることもあります。

 

これまで、「読めている」ということで、あまり筆圧を気にしていませんでした。

 

「読み」の段階から「書き」にも気を配る

「読み」の教材の段階から、「書き」にも気を配ることで、

 

「読みと書きを両立してクリア」となる教材に進んだ際に、スムーズにすすむ

ことに繋がるそうなのです。

 

確かに、国語に限らず、各教科の学習では、答えるために文字を書くことになります。

 

国語であれば、単語や文章、時には記号を書くでしょうし、

 

算数であれば、数字を書くことになります。

 

そのときに、狙ったところに、狙った線を書けるというのは、最低限必要になります

 

「立ち止まらないために、先を意識して出来ることは進めることが大切なんだな~」と理解できました。

 

「書き」を強化していくために

現在、公文では、国語などの教科別の学習の他に、「ずんずん」という運筆教材もいただきながら、書きの練習を進めています。

 

「ずんずん」の教材は1日3枚ずつ進めているのですが、それ以上増やすと嫌がりそうな気配がプンプンしています(>_<)

 

そのため、自由に描くお絵かきなどの時間を大切にしつつ、楽しく「書き」にふれる時間を増やしてみようと思います。

 

スムーズに4月を迎える準備はお済みですか?

 

時間的に余裕をもって準備を始めることで、

入園・入学、進級を穏やかに迎えられます!